鹿児島

印章業界この道10年の僕(山川一広)がおすすめする銀行印用の印鑑素材は、なんといっても薩摩本柘なんですよね。

印章業界この道10年、熟練職人の山川一広といたしましては、一切ゆずれないところなのであります( ̄^ ̄)ゞ

ハンコ業界この道10年、熟練印鑑彫り師の僕(山川一広)が銀行印用の印鑑素材としてイチオシする薩摩本柘という印鑑素材は、世間に数ある柘と呼ばれるタイプの木の中でも、九州は鹿児島県産の柘で作られた印鑑素材のことだけを指しているものであります。

この九州は鹿児島県産の柘(薩摩本柘)というものは、ほかの地域で育った格下の柘なんかよりも、木の中の繊維がギッシリ詰まっているのであります。

ですから、九州は鹿児島県産の薩摩本柘という印鑑素材は、同じ柘と名がつく木の中において、とても優れているハイグレードはんこ素材となっているのであります。

はんこ業界この道10年、熟練ハンコ彫り師の僕(山川一広)が銀行印用の印鑑素材として推薦する薩摩本柘の印鑑は、そんなに儲かっていない一般大衆でも、リーズナブルなお値打ち価格で気軽に入手することが出来ますよ。

印鑑江坂

なおかつ、薩摩本柘素材で作成したハンコは、印鑑としての性能面においてもだいぶ優秀なタイプなので、大していい暮らしをしていないショボい方々から経済的大成功者に至るまで、ピンキリ様々なランクの方に幅広く使われているぐらい、高い人気を誇っている印鑑素材なのであります。

判子業界この道10年、熟練印章彫り師の山川一広が銀行印用のハンコ素材としておススメする薩摩本柘という印鑑素材って、何だかすごいでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です