素材

 

日本国内において代表的な地位を保つ印鑑の素材は、黒水牛印鑑素材というものなんです。

黒水牛印鑑素材は、もともとが水牛の角であります。

この水牛の角を、賢い人間様の手でバッチリ加工して、わざわざ人工的に作り出した印鑑素材が、黒水牛印鑑素材なのでありますよ。

黒水牛印鑑は、印鑑の全身が見事な黒色であり、なおかつ、朱肉に対して印鑑の印面がスムーズに馴染みやすくなっています。

ゆえに黒水牛印鑑は、綺麗にかつ軽やかに判子を押すことが出来るのであります。

これが、黒水牛印鑑の大きな特徴となるわけなんですよね。

また、最近になって人気が急上昇している印鑑素材がありますね。

今売り出し中の印鑑素材は、チタン印鑑素材なのです。→印鑑堺東

人工骨やペースメーカーなどによく用いられているこのチタンという金属は、人間様に害の少ない優れた金属となっていまして、厄介な金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使うことが出来る場合もあったりします。

また、チタン印鑑素材は、バリバリに優れた耐熱性や耐久性といった性能を、その身にバッチリ備えています。

疲れるぐらい保管、管理に気を付けなければならない天然素材の印鑑あたりと比べてみるとよくわかるのですが、チタン印鑑は保管や管理にほぼ手間がかかりませんからね。

ですから、日本の印鑑業界において、「チタン印鑑というやつは、とても扱いやすい印鑑であるのだよ。」なんてありがたい定評が立っているわけなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です